フクシマ建設なら安いローンでマイホームが持てる

安心して住める家

一軒家

耐震性が高い

大地震がおこった影響で人々の防災意識が高まり、大きな揺れに耐えられる「地震に強い家」が注目されるようになりました。地震に強い家と聞いて鉄筋コンクリートで建てられた家と結び付ける人もいますが、木造だからと言って耐震性が弱いわけではありません。大まかに言うと鉄筋コンクリートは耐震性が高く木造は免震性に優れていて、どちらも地震に強い家と言えます。肝心なのは基盤がしっかりしていること、強度の高い柱やパネル、コンクリートが使われていてなおかつ耐震性を考慮した構造であるかです。家を購入するときは工務店やホームメーカーで、工法や構造のほかに、どのような資材が使われているのかを細かくチェックしておきましょう。

地盤をチェック

家のかたちは横長の長方形やデザイン性を重視した複雑な構造などさまざまですが、シンプルなデザインほど耐震性は高くなります。最も「地震に強い家」のかたちは縦と横、高さがすべて同じでサイコロのようなかたちをしているのが特徴です。地震で揺れたときに平等に力がかかるのでらどこか1部に力が集中することがありません。また、窓を小さく取ることで耐震性がアップするので、被害を最小に抑えるためにも窓を大きく取りすぎないように注意しましょう。また、家を建てる前に土地のかたさを確認するため地盤調査しておくことも忘れてはならない大事なことです。どんなに耐久性の強い家を建てても地盤がやわらかいと強度がいかされないので、必ず受けておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加